​レミダって、、何?

わたしたちのレミダを創ろう!

レミダは、子どもや大人が自由に表現するにあたって 人-モノ-コト の媒介になる素材を

ストックする場で、教育現場には表現素材がほぼ無償で提供されます。

 

この素材は、カタチや色、材質が美しくユニークだけれど

不要になった企業廃材が集められ使用されています。

つまり、世の中で不要になったモノが、教育現場を通じて有用な教材となり、

それが人を育てる媒介となって新たな社会循環を生み出します。

また、部品や何かのパーツだったモノを、

視点を変えて多様な見方をもたらす媒介としても重要な意味があります。

現在世界には15か所の多様なレミダが存在します。

日本にもレミダがあったら良いね!という志で立ち上がったプロジェクトです。

どうなることやら、レミダができるまでのプロセスを(といってもできるかどうかは未定ですが)皆さんとブログで共有します。

​ボランティア募集

© 2015 特定非営利活動法人 子どもARTプラットフォーム