子ども教育立国では、2016年6月~9月にかけて

​子どもの創造力を育む学びに関する連続レクチャーを開催します!

子どもたちが創造的であるためにをテーマに創造的な学び、場、空間、人や地域について総合的に考えるシリーズレクチャーの第4回目。

登壇者には、NPO法人子ども教育立国プラットフォーム代表理事であり、国内外の教育現場研究で幅広く活躍する、学習院大学教授佐藤学、

新たな保育のありかたを追求するしぜんの国保育園長の齋藤紘良様とりんごの木保育者青山誠様をお招きして、

文化芸術を通した学びと創造的な育ち合い、子どもと子どもをとりまく保護者・教育者・教育現場・地域の理想的なありかたについて考えます。

子ども教育立国連続レクチャー

「アートが紡ぐ創造的な育ち合い

-子どもを中心とした保護者、教育現場、コミュニティの理想的なあり方とは-」

 

日時 9月25日(日) 13時-16時30分(開場12時30分)

場所 東京都写真美術館(恵比寿)

登壇者

佐藤学(学習院大学教授)

齋藤紘良(しぜんの国保育園園長)

青山誠(りんごの木保育者)

 

進行

白崎早映(クリエイティブ教育プロデューサー)

参加者 定員50名​

参加費 前売り 3500円(会員3000円) 当日4000円

主催 NPO法人子ども教育立国プラットフォーム

 

 

<第一部> 

アート×子ども×共育ち現場

 斎藤鉱良 

 青山誠

 音のワークショップ

<休憩> 

<第二部> 

創造的な育ち合いと学びの共同体

 佐藤学 

<まとめ>

16:30 終了

​ボランティア募集

© 2015 特定非営利活動法人 子どもARTプラットフォーム